黒い肉には注意が必要

生肉には消費期限が存在しますが賞味期限はありません。賞味期限が設定されるのはハムやソーセージなどの加工肉です。ハムの塩分はそんなに高い?おすすめハム&今後注目のハム3選もチェックしたいですが、消費期限のあるものは期限が過ぎると糸を引いたり黒いなどの特徴が見られるようになります。細菌が繁殖すると色が変わって黒い肉になるので見た目でも判断可能です。表面がねばねばしていたり臭いが酸っぱくなっているような場合には躊躇なく廃棄する必要があります。消費期限と賞味期限は似た概念ですが、両者には様々な違いが存在します。業務用テッポーを仕入れる際に加工されている場合には賞味期限に注意が必要です。一方で加工されていない場合には消費期限が設定されます。テッポーは豚の直腸ですが1頭からわずかな量しかとれない貴重な部分で、独特な弾力性があり美味しいため人気があります。一般的に加工されたものがメキシコやアメリカなどから輸入されています。賞味期限は出荷時から90日以上や加工日から2年以内などのように設定されていますが、賞味期限を過ぎても食べられなくなるわけではありません。
賞味期限は製造日から5日を過ぎても品質が劣化しにくい食品に設定されます。期限を過ぎてもすぐに食べることが不可能となるわけではなく、およその目安です。ハムやソーセージのような加工肉の他にも冷凍食品や乳製品、即席麺類などにも設定されます。基本的に3か月を超える場合には年月表示されますが、それ以外は年月日表示です。消費期限は賞味期限と異なり、期限を過ぎると安全性が損なわれるので食べることができなくなります。スーパーやコンビニなどで販売されている弁当やサンドイッチ、惣菜などの他に生肉にも消費期限が設定されます。製造日を含めて5日以内に品質が劣化する食品に設定されるのが通常です。
消費期限が過ぎた生肉は変色して黒いので分かりやすいという特徴があります。また表面がねばねばして糸を引き、酸っぱい臭いを放ちます。消費期限を過ぎた食品は味が劣化しているだけでなく細菌が繁殖しているため危険です。黒い肉には十分注意する必要があります。肉を保存する場合にはクッキングペーパーなどで水分を除去してラップで包んで真空状態にしてから冷凍します。冷凍保存であれば2週間から1か月ほど美味しさを保つことができます。一度解凍したものは成分が流出するので再び冷凍することなく調理することが重要です。大きいものは小さく切ってから冷凍保存すると必要な分だけ解凍して使用できるので合理的です。