燻製肉の魅力について知ろう

肉を好む人は多く、レストランや定食屋などメインの食事を提供する店にとって欠かせない食材と言えます。牛、豚、鶏など一般的なものの他に、最近は羊や雉、ウサギなどもポピュラーです。もともと日本ではあまり肉を食べる習慣はありませんでしたが、文明開化以降、西洋から多くの文化が入り食生活に関しても一転しました。今は当たり前のように食べられていますし、これまでメイン食材として好まれていた魚を抜いて人気が出ています。それだけに品質が重要なポイントになり、飲食店は少しでも美味しい食材を求めるようになり、取り扱い業者だけではなく、畜産業界でも美味しさを求めて品種改良や餌の工夫などが積極的に行われるようになりました。また品質だけではなく、価格に関しても重要になります。店といて営業をしていくにあたって、大切なのは利益を出すことなので、少しでも安く仕入れたと考えるのは自然なことです。

そして近年は肉の食べ方もさまざまなものが出ていて、人気が高まっているのが燻製です。以前からベーコンやウィンナーなどに使われていましたが、今はそこからさらに発展して、風味や味を付ける目的で利用されるようになっています。燻製肉を料理に使用することで、これまでとは違った味わいを作り出すことが可能です。アレンジやバリエーションが広く、また保存性も高まりますので、気になっている場合は試してください。燻製は利用するチップ、木片の種類によって風味や味わいが異なってきますので、自分の理想とするものを見つけると、料理に役立てることができます。目玉メニューを作りたい、これまでと違った名物を生み出したい、そういった場合には試してみると見つけられるかもしれません。「そもそもベーコンとは?生食や冷凍保存できる?簡単レシピも紹介」も是非チェックしたいですね。

燻製肉は自分で作らなくとも、業務用食材として販売されています。使用しているチップの種類も豊富で、探してみれば自分の理想とする品を見つけることもできるはずです。業務用食材を提供する側としても、燻製肉は生よりも日持ちがしますし、取り扱いも難しくないので嬉しい品と言えます。反対に気を付けたいのが内臓系で、例えば牛肉のマメ (腎臓)を卸売に出す時に抑えておきたいポイントは温度管理で、さらに清潔な環境も重要です。このように業務用食材を取り扱う時は、それぞれに合わせて的確な対処をしなければいけません。美味しく良質な品を提供するのはもちろんですが、それ以上い安全性は重要になるので気を付けてください。