熊本県内で肉を購入して美味しく食べる

熊本県は九州地方のほぼ中央にあり、県庁所在地は熊本市です。有明海や不知火海、東シナ海に面しており、阿蘇カルデラで有名な阿蘇山があります。熊本県内の総人口は177万人ほどですが、県庁所在地である熊本市は政令指定都市にもなっており74万人もの人口を抱える大都市です。県内の人口の4割ほどが熊本市に住んでいます。市内の中心部にある商店街では九州地方や県内でも有数の賑わいを見せており平日は約5万人、休日には約6万5千人もの人々が訪れます。大型商業施設も数多く立ち並んでいます。経済的に非常に発展した地域なので肉の専門店も多数存在し、新鮮な肉を購入できます。地方都市では人口が少ないため肉の専門店もあまり多くないのが一般的ですが、熊本市の場合は大都市なので様々な食品を実店舗で見比べながら購入できます。肉にはヒレやサーロインのような正肉と呼ばれる部分の他にもホルモンやもつと呼ばれる内臓の部分があります。一般的なスーパーやデパートに出店している店舗ではヒレやサーロインの他にレバーなどが販売されていますが、ハツなどあまり珍しいホルモンは扱っていません。ホルモンはビタミンとミネラルが豊富で脂質が少なくヘルシーであるという特徴があります。本来であれば牛や豚の大腸や小腸のことをホルモンと呼びますが、一般的には臓物を焼いた料理のことをホルモン焼きと呼びます。ハツやレバーの他にもタン、マメ、ミノ、センマイなど様々な部位がホルモン焼きに利用されています。特にホルモンにはビタミンB12や葉酸が含まれており、体内で血液で作るのを助ける働きがあります。また鉄や銅、亜鉛などのミネラルも豊富で、夏バテなどを防止するのにも最適です。豚ハラミとは?仕入れの参考になる人気ホルモンランキングもぜひチェックしたいですね。
人口の多い地域では専門店でも多く様々なホルモンを探すこともできますが、インターネットの通販サイトを利用すると地域を問わず新鮮な肉を購入できます。専門店で販売されているものは基本的に生なので消費期限があります。消費期限を経過すると細菌が繁殖して危険なので期限内に消費することが必要です。通販サイトでは様々な肉が真空パックで密閉され、冷凍加工されています。販売業者による牛肉のハツ (心臓)と通販の仕方としては密閉状態にして冷凍し、消費期限ではなく賞味期限を設定します。
賞味期限は長期間が経過してもあまり劣化しない食品に設定されます。期限を経過した後でも食べることはできますが、冷凍されているものを解凍した場合にはなるべく早く調理する必要があります。生肉も冷凍加工されたものも早いうちに使用することが安全に美味しく食べるためのコツです。