腐る前に肉を食べる

生肉は冷凍保存すれば2週間から1か月ほど保管できます。もちろん冷凍なので細菌が繁殖して腐敗することはありません。そのため1か月以上保存しても食べることはできます。しかし冷凍庫に長期間保存するとタンパク質や脂肪が空気に触れて酸化し品質が低下します。冷凍保存する場合には2週間以内に調理すると劣化も少なく美味しく食べることができます。また冷凍庫で生肉を保存する場合には表面の水分をクッキングペーパーなどで取り、ラップで包んで真空状態にすると効率的です。表面の水分を除去すると臭みを取ることができ、真空状態にすれば酸化を防ぐことができます。さらに冷凍保存する場合には生肉を小さく切り分けます。大きいまま冷凍すると解答時に時間がかかり、全部を調理に使用しない場合もあります。余った分は冷蔵庫に保管して翌日には調理することが重要です。解凍した肉は旨味などの成分が流出してしまうため風味が落ちます。再び冷凍せずに早いうちに使い切る必要があります。冷蔵庫などで何日も保管すると細菌が繁殖して腐る場合もあり危険です。一般的に生肉には消費期限が設定されています。消費期限は製造日から5日を過ぎると急速に劣化する食品に設定されます。一方製造日から5日を過ぎてもあまり劣化しない食品には賞味期限が設定されています。ハムやソーセージなどの加工肉に設定されるのは賞味期限です。インターネットの通販サイトなどで業務用豚肉のコメカミを卸売する時は基本的に真空パックに詰められ、冷凍保存されます。冷凍保存された肉には賞味期限がありますが、解凍後は速やかに調理することが求められます。「増加するイノシシを美味ジビエに!カロリーや食べ方も紹介」も気になる記事ですね。
消費期限が設定されているものは期限を過ぎると細菌の繁殖により腐るので危険です。また真空パックに詰められて冷凍保存されていた業務用のものも解凍後に冷蔵庫などで保管していると細菌が繁殖し腐ることがあります。腐ると色が黒く変色し、表面にヌメリが発生して糸を引きます。酸っぱい臭いがすることもあります。細菌が繁殖したものを食べると非常に危険なので、廃棄処分します。
生肉は冷凍保存により最長で1か月ほどは良好な状態で食べることができます。しかしラップで包んで真空状態にしても少しずつ空気が侵入して酸化が起こります。美味しい状態のまま調理をするならば2週間以内に使用するのが理想的です。余った場合でも冷蔵庫で長期保存をせずに腐る前に調理する必要があります。新鮮なうちに調理すれば安全に美味しく食べることができます。