生肉に付着した菌には注意が必要です

生肉には消費期限が設定されています。消費期限を過ぎると細菌が繁殖して色が黒くなり、表面にヌメリが出てきます。ヌメリは糸を引いて酸っぱい悪臭を放つようになります。消費期限が経過した生肉は細菌が繁殖して非常に危険なので廃棄が必要です。また基本的にスーパーなどでは生食用の肉を扱っていません。生肉はそのまま食べると細菌や寄生虫が付着していることがあるため危険です。安全に美味しく食べるためには中まできちんと火を通す必要があります。インターネットの通販サイトなどでは生食用のものも販売されていますが、それらは細菌や寄生虫の心配がない特別なものです。また仮に生食用の特別な商品だったとしてもなるべく早くに消費することが求められます。一般的に食品には消費期限と賞味期限が設定されています。消費期限が設定されるのは製造日を含めて5日ほどで急速に品質が劣化する食品です。一方賞味期限は製造日から5日を過ぎても品質が劣化しない食品に設定されます。生の肉に設定されるのは消費期限ですが、加工されたものには賞味期限が設定されています。インターネットの通販サイトでは業務用食品を購入できます。業務用ハツを仕入れる際には賞味期限に注意する必要があります。業務用ハツなどは冷凍状態で真空パックに詰められているのが一般的です。加工されているので消費期限ではなく賞味期限は設定されています。消費期限が設定されている場合には、期限が経過すると細菌が繁殖して危険です。必ず期限内に調理する必要があります。一方で賞味期限の場合には期限を経過してもある程度は食べることができます。「あいびき肉の部位別カロリーとは?美味しい簡単人気レシピ3選も!」を参考にして下さい。
一度冷凍保存した肉は解凍すると旨味などが流出するため風味が劣化します。業務用ハツなどを仕入れた場合には冷凍保存されて送られて来ますが、解凍した場合にはなるべく早く消費することが重要です。解凍した日に使い切ることができない場合には、冷蔵庫で保管して翌日には調理する必要があります。加工されているものは賞味期限を過ぎても食べることができますが、あくまで解答前の状態を前提としています。解答後は速やかな調理が求められます。
スーパーなどで購入した生肉もラップで真空状態にして冷凍保存すれば2週間から1か月ほどは保管できます。しかしラップによる真空状態は完全ではないので空気に触れてタンパク質や脂質が酸化します。冷凍保存は腐敗を防止できるというメリットがありますが、酸化を完全に防ぐことはできません。2週間以内に調理すれば風味の劣化も少ないため美味しく食べることができます。