肉の切り方を選ぶことができる

肉の種類はいろいろとあり、部位によって違いがあります。料理をするときにはそれぞれのレシピにあったものを選んで使うことが大切です。スーパーなどで購入している人がほとんどですが、業務用のジビエとオススメの通販サイトを利用しているという人もいます。ネットを利用した肉などの購入は大量に購入できたり、高級な素材をお得な料金で購入することができるのがいいです。こちらも人気ですね「業務用ジビエの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ
肉にはいろいろな種類があるのと同時に切り方もいろいろな方法があります。プロにカットしてもらうときはいいけれど、自宅では塊を薄いカットにするのは難しいものです。専門店などでは塊から購入したい切り方のものを購入することができるのでおすすめです。

肉のいろいろな切り方のレシピもたくさんあります。
たとえば、鶏のむね肉は切り方次第で柔らかくなるといいます。皮はついたままでもいいですし、取り除いておいても大丈夫です。皮を取り除いて行うときにはひっくり返すと繊維が分かれているのがわかるのでその部分でカットし、鶏むね肉をそのまま3分割します。繊維が走っているのがわかるので包丁を繊維に対して垂直に入れます。この切り方をするだけで口の中でほどけるほど柔らかくなります。

鶏ももの照り焼きは鶏もものおいしさを感じることができるのでおすすめです。
材料は冷凍した鶏もも500グラムから600グラム、塩こしょうを少々、調味料として、しょうゆ大さじ3、酒大さじ3、蜂蜜大さじ2、生姜のチューブを約2センチを用意します。はじめに調味料をしっかりと混ぜておきます。凍ったままの鶏ももに軽く塩こしょうを振り、皮を下にしてフライパンで両面に軽く焼き色がつくまで焼きます。このときは中まで火が通らなくても大丈夫です。両面が焼けたらふたをして、中火で片面5分ずつ蒸し焼きにしましょう。ふたを取り、タレを回し入れて煮詰めながら両面にしっかりとタレを絡ませたら出来上がりです。簡単ですがしっとりとした鶏ももの照り焼きを食べることができます。
大葉が香るチーズチキンカツもおいしいです。
材料は3人分から4人分で、鶏むね肉1枚、大葉6枚から8枚、スライスチーズの溶けないタイプを3枚から4枚、塩こしょうを適量、小麦粉とパン粉を適量、卵1個、揚げ油を適量用意します。鶏むね肉は繊維に逆らって2センチ幅くらいに、6等分から8等分にそぎ切りにし、端っこは切り込みを入れて厚みを均等にしておきましょう。切り込みを入れるか、軽く叩いてから両面に塩コショウをして、大葉と半分に切ったチーズを乗せます。それを2つ折にして、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけます。 深めのフライパンに3センチほどの高さまで油を入れて揚げ焼きにします。きつね色になれば出来上がりです。