肉は寄生虫に気を付けましょう

レストランや定食屋で肉は欠かせない食材ですが、注意したいのは安全性です。美味しさや鮮度はもちろん大切なポイントですが、安心して食べることができるというのは第一に考えなければいけません。当たり前と思われるかもしれませんが、長く営業を続けていると、安心感から失念してしまうこともあります。食に携わる場合、美味しさと同じくらい安全性も気を付けるべきポイントです。肉の取り扱いで最も厄介なのが寄生虫の存在で、これが食中毒を起こす原因となります。食中毒を出してしまうと店はしばし営業停止になるので、売り上げが落ちるどころの話ではなくなり、状況によっては閉店に追い込まれる可能性も出てきます。そのくらい気を付けなければいけない問題であり、美味しい・美味しくない以前に安全性を守るのが大切なことが理解できるはずです。

肉の寄生虫に気を付けなければいけないのは、客に料理を提供する店側だけではなく、業務用の食材を取り扱っているところもです。むしろ原因が店ではなく取り扱い業者にある場合、さらに厳しい状態に陥るので気を付けてください。例えば牛肉のホホニクを卸売に出す時に抑えておきたいポイントとして、環境と温度管理が重要になります。清潔で温度が一定に管理されている場所なら、肉を安全に処理することが可能です。安全面を重視するのは手間がかかってしまいますが、トラブルを起こすことを考えれば、事前に避ける方がよほど楽だと考えられます。無意味な部分で費用をケチろうとせず、商品の安全管理を重視した方が未来を見据えた場合にメリットが大きいです。逆にその時だけ利益をだそうとしてトラブルが起こった場合、営業停止に追い込まれるのはもちろん、信頼を損ない利用者が減ってしまいます。結局は自分の首を自分で絞めるようなものなので意味がありません。
参考記事:コスパ重視ならブラジル産鶏肉!気になる安全性の実際とは?

飲食店、及び業務食材取扱店にとって、美味しさは当然ですが安全性を重視することが大事です。品質管理には手間や費用がかかり、面倒だと思ってしまう人もいるかもしれません。しかし甘く考えて食中毒などのトラブルが発生してしまうと、店は営業停止、さらにお客様からの信頼性を失ってしまいます。そうなると売り上げにも影響が出てきますし、立て直せず最悪のところで閉店となることも多いです。良い品を仕入れて必要な管理を行うのは大切なことですが、後に問題を起こしてしまうよりも、安全性を重視して信頼を築いていく方が将来的に説くと考えられます。